ミツワ 1/144 F6F-5ヘルキャット F6F5ヘルキャット 一覧

ミツワ 1/144 F6F-5ヘルキャット

ミツワモデルのF6F-5ヘルキャット

IMG_2104

会社の後輩に買ってきてもらった謎?のキット。どうやら30年ほど前のキットの再販らしい。¥200で十分楽しめました。思えば1/144の大戦機は初挑戦だった。ヘルキャットは太平洋戦争中活躍したアメリカ海軍の戦闘機です。

パッケージは今っぽい感じです。CGかな?パーツのディテールは少々寒いですが、小さいキットですし改造も思う存分に出来そうです。

 IMG_2088IMG_2089

まずは凸モールドを全部落として筋彫りを施しました。アンテナや機銃も切り取り後で真鋳線で追加します。パネルラインは適当な資料がないのでハセガワの2002年カタログの写真を参考にしました。このスケールなら多少いい加減でも気にならないものです。

IMG_2090

キャノピーのレール?のモールドも削ってしまったので伸ばしランナーで再生しました。
現用機のレドームにあるライトニングアレスターのディティールもこの方法で再現しています。ランナーをライターの炎などであぶり、伸ばしたものをマスキン グテープで固定し、さらさらタイプの接着剤を流し込みます。完全に硬化してから余分な部分をカッターで切り取り、1000~2000番のサンドペーパーで 整形します。
ドロップタンクを釣っている柱?もキットにはないので0.5mm真鋳線で再現しました。

IMG_2096IMG_2098

裏にドロップタンクを釣っている柱を通す穴を開けました。前面同一色の塗装にするのでドロップタンクは最初から接着します。
機銃も0.5mm真鋳線で再生しました。

IMG_2103

キャノピーをマスクして接着後、ネイビーブルーに少し白を混ぜて明るくしたのを吹きました。単一色なのでマスキングなしで簡単に塗装完了です。アンテナは0.8mm真鋳線をヤスリで整形したものを差し込んでいます。

IMG_2102

んだ挙句墨入れはライトグレーを使いました。個人的には良い配色と思っているんですがどうでしょう?

IMG_2106IMG_2104

デカールを貼ってから水性つや消しフラットを吹きました。実機はテカテカのグロス塗装のようですが個人的にフラットのほうが小さいスケールの場合、合っている気がします。
完成まで1週間ほどでした。手軽に作れて場所もとらない1/144スケール、気に入りました。