« | »

2006.04.09

プジョー307WRC完成

ついに仕上げです。
エンブレムやバックミラーのパーツは鏡面仕上げで貼り付けるだけです。このキットはこういった細部が実に拘っています。ブレーキランプのパーツも初めからクリアレッドで形成されており、誰でも素晴らしい仕上がりになります。プラモの進化が感じられます。
PICT0109.JPG
ボディーを取り付ける前にコクピットの写真を撮っおきます。
307コクピット2
PICT0113.JPG
小物を取り付けてやっと完成です。
PICT0004.JPG
PICT0005.JPGPICT0007.JPG
PICT0009.JPGPICT0010.JPG
PICT0011.JPG
IMGP3843.jpg
IMGP3847.jpg
このキットは昨年末にタミヤから発売されたばかりなのですが、色々意欲的な試みがされています。シャーシはダイキャスト製で、持ってみると非常に重量感があります。持ったときの存在感の演出には良いアイデアだと思います。このダイキャスト製のシャーシは1/48のミリタリーシーリーズにも採用されています。タミヤ純正のエッジングパーツがあるのも入手製を考えると喜ばしいことです。ただし、キットの価格が¥3200、更にエッジングパーツが¥1200なので合わせて¥4400の出費になります。私が子供のころスーパーカーブームの時代で、そのころの1/24スケールのキットが¥500から¥1000程度と記憶しているので、物価が上がったこともありますが、プラモデルと言う趣味も高級化してきたものだと、改めて感じるわけです。プラモデルも昔はおもちゃの一ジャンルのようなものでしたが、大人の趣味としてここまで発展してきた訳ですが、逆に子供のおもちゃとして気軽に買えるキットは少なくなってきたなと思います。かつてのプラモ少年の独り言でした。(^^;

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。