ハセガワ 1/72 AH-1S コブラ チョッパー “陸上自衛隊”

PICT0641

AH-1Sコブラは米国ベル社製の対地攻撃用ヘリコプターです。富士重工でライセンス生産され、陸上自衛隊に配備されました。今から20年ほど前、北海道 帯広第5師団にAH-1Sが配備され、当時高校生だった私は、学校の窓からよく飛来するAH-1Sを見ることが出来ました。

PICT0531PICT0529PICT0589

ヘリコプターのキットを作るのは、出戻り以前に作ったハセガワの1/72AH-64A アパッチ以来、2つ目で、やはり以前に作ったのは20年ほど前になります(^^; 私が飛行機を作るときは、コックピットを見せるため、可能な限りキャノ ピーを開けるのですが、本キットは開状態に出来ません。しかしパイロットが2体付いているため、今回はパイロットを乗せてみました。(それにしても最近の キットはパイロットが付いているのが殆ど無いので寂しいですね。パイロットは重要なアクセサリだと思うのですが…。)

PICT0595PICT0599

1/72のパイロットはさすがに小さいので塗りわけは神経を使いました。陰になる部分は暗めの色を塗って立体感を強調しています。

コックピットの指定色は殆ど全部つや消し黒です。このままだと単調になりそうなので、表現として陰影を強調するためにつや消し白でドライブラシを行っています。

PICT0617PICT0618

翼(?)は胴体との合いがあまり良くないので、普段なら隙間に溶きパテを流すところですが、接着してしまうと迷彩塗装のマスキングが困難になると考え、エ ポキシパテをあらかじめ隙間に埋めて取り付けたのち、硬化する前に取り外し、はみ出た部分を整形した状態で、塗装を開始することにしました。

PICT0631PICT0632PICT0633

明るい色から順に明細塗装を行います。実機の写真からも色の境界にぼかしは無く、くっきりとしているため、マスキングテープはぴったりと貼り付けています。パターンが複雑なため、面倒なのですが、機体は殆ど平面なのでマスキングテープが張りづらいことはありません。

PICT0639PICT0640PICT0643

最初は戦車のような汚しを行おうかと考えていましたが、実機を見る限り、あまり汚れてはいないようです。まあ、地面の上を走るわけではないので当然といえば当然なのですが…(^^;

汚しは殆ど行っていないのですが、少し濃い目に墨入れを行っています。


ハセガワ 1/72 三菱F-1

PICT0620

三菱F-1は国産初のジェット戦闘機で、1977年に初飛行しました。現在は退役が進み、その役目を後継機のF-2へと引き継いでいます。総生産数77機で、今は約半数のみが運用されています。

ついに念願の、航空自衛隊歴代戦闘機を全て完成させることが出来ました(^^)/

IMG_2293

ハセガワのF-1は恐らく現存する唯一の1/72スケールのF-1のキットです。発売から20年以上を経過しており、現在のキットと比べると細かな点で年代を感じざるを得ませんが、全体のプロポーションはまったく問題ありません。

IMG_2342IMG_2344IMG_2341

コックピットはディティールがかなり省略されているため、プラ板で内壁のリブを追加し、シートのクッションをエポキシパテで追加しています。シートベルトは釣り用鉛板を貼り付けています。

IMG_2348PICT0584

本キットのパネルラインは殆どが凸モールドです。これらは全て凹に彫りなおしました。このキットの完成には半年ほどかかりましたが、かかった作業の大半は 筋彫りの彫り直し作業でした。(ほかのキットとも平行に作業していいたため実際の時間はそれほどではないのですが…。)キットのパネルラインは実機と 多少異なる部分があるため、なるべく実機に近づくようラインを修正しています。

筋彫りは写真右のケガキ針、と極細の筋彫りカッターを使っています。ガイドには、これらの小さなテンプレートや、数ミリ幅に細切りした薄いプラ板に両面テープを貼り付けたものを使用しています。

PICT0016PICT0101

脚室の扉は別パーツになっていますが、これらは地上待機時は閉じているため、塗装前に接着しています。キットが古いためか、パーツの合いは良くありませんので、パテでの修正が必要です。

コックピット計器板上部も形状が異なるため、プラ板でモールドを追加しています。シート裏の壁のリブも、キットの形状は実機とは異なるのですが、雰囲気は近いのでそのままにしています。

PICT0585PICT0586PICT0273

ピトー管は、うっかり墜落させて折ってしまったので、真鍮線で作り直しました。実機はまっすぐなパイプではなく、先端に微妙な膨らみがあるのですが、それを再現するのは1/72スケールでは難しいので省略しています。

後で気がついたのですが、現在運用されている機体のキャノピー前面は、キットの物とは形状が異なり正面の2本のフレームがありません。恐らく現在の機体は改修された物と思われます。気づいた時は既に接着後だったため、このままにいています。

PICT0591PICT0596PICT0600PICT0601

迷彩塗装は明るい色から順に、マスキングを行い塗り重ねています。実機の色の境目は、若干ぼかしが入っているため、マスキングテープは若干端を浮かせて貼り付けて、塗装しています。しかしぼかし加減がいまいち均一にならず、この辺はまだ、工夫の余地が有りそうです。

PICT0602PICT0603

廃莢穴やスリットの表現は、キットでは凸モールドでした。これらは、穴あけや筋彫りで表現すべきでしょうが、このような均一な幅のスリットを筋彫りするのは失敗時のリスクが大きいと考え、塗装で表現しています。

PICT0621PICT0622

非常に手間と時間がかかりましたが、正直まだまだ、追加工作できるところは多いです。やりすぎるといつまでたっても完成しないので、私の技術が未熟というのもありますが(^^;どこまで手を加えるかはバランスが難しいところです。

PICT0624PICT0626PICT0627

やはり、最近のキットに比べると細かな点は不満がありますが、現在入手できる唯一の1/72キットであるため、他に選択肢がないのが残念です。日本の戦闘 機をキット化してくれそうなメーカーは、やはり日本のメーカーしかないので、ここらでハセガワさんには新金型で設計してほしいものです。


タミヤ 1/72 ヴォートF4U-1Dコルセア

PICT0130

コルセアは太平洋戦争末期に登場したアメリカ海軍の艦上戦闘機です。2000馬力の強力なエンジンと、逆ガルウィングと呼ばれる特徴的な翼をもち、レシプロ戦闘機として最後の世代となる高性能な機体は朝鮮戦争まで使用されました。

IMG_2338PICT0525PICT0523

コックピットはこのスケールにしては極めて緻密に出来ており、部品も多いのですが、仕上がりは抜群です。キット付属のデカールにシートベルトがあるのですが、立体感に乏しいため、釣り用鉛板0.2mm厚で自作しました。

IMG_2350IMG_2351PICT0002PICT0004

本キットはタミヤ製なので、塗装の指定はタミヤカラーですが、クレオスの塗料で塗っています。機体色であるネービーブルーはクレオスでは14番ですが、実 記写真と比べると青みが足りない気がするため5番の青と1:1くらいの配分で調色したものを塗っています。写真のドロップタンクの左が調色した色で、右が 14番です。微妙な違いがわかるでしょうか?

PICT0014PICT0046

基本的に本機の塗装はグロス(艶有り)です。現在も、飛行可能なコルセアは多くあるようで、ネット上でも幾つかの写真を見つけることが出来ます。またそれ らのほとんどがピカピカのグロス塗装です。しかし大戦中の写真を見るとモノクロではありますが、かなり艶が落ちているように感じます。本機が使用されてい た1945年位を想定して、退色を表現してみました。

PICT0138PICT0134PICT0052

アンテナ線は伸ばしランナーを使用しています。尾翼の先端の突起は塗装中に何度か折れてしまい、ついに紛失してしまいました。結局プラ板で作り直しています。強度がないためアンテナの接着は緊張しました(^^;

PICT0061PICT0047PICT0137

追加工作は殆ど無しでも十分な出来になる本当に良いキットだと思います。最近は複数のキットを同時に進めていることもあって、完成まで3ヶ月もかかってしまいました。(^^;)

基本塗装は全てクレオスのMr.カラーで塗装しています。カラーの対応は、これから作る方の為の参考に記載しておきます。

タミヤカラー Mr.カラー
AS-8(ネービーブルー) 14(ネービーブルー):1+5(青):1
X-3(ロイヤルブルー) 5(青)
XF-19(スカイグレイ) 308(グレーFS36375)
XF-3:2+XF-5:1 27(機体内部色)

1 2 3 4 5 6 7 10