現用機 一覧

ハセガワ 1/48 F-16CJ ファイティングファルコン”三沢ジャパン”

IMGP2055

F-16が青森県在日米軍三沢基地への配備が始まったのは1985年のことでした。以来20年前の歳月が経ちますが、徐々に改良され現在のF-16CJブロック50/52へと強化されています。

ハセガワの1/48 F-16A PLUSが発売されたのも三沢基地にF-16が配備された頃と記憶しています。当時、発売されたばかりのF-16A PLUSのキットは私にとって衝撃的な内容でした。シャープに彫られた筋彫りとコックピット等の緻密なディティールは、当時のキットとしては非常に素晴ら しい内容でした。F-16の改良とともにキットも改良され、20年を経た現在、再び作成することとしました。

PICT1871 PICT1870

F-16A PLUSからF-16CJへの変更はインテークの形状や、エンジンの変更等、各部にわたります。キットは、これらの変更部分を新部品の提供で実現していま すすが、主翼端のミサイルランチャー等は、一体だった部品を切り離してから、取り付けなければならず、初心者にとっては難しい加工が必要です。また、エア インテーク周りは新パーツにもかかわらず合いはいまいち良くありません。

PICT1865

バルカン砲の形状も、私の記憶ではF-16A PLUSの金型は、本体と一体整形でした。F16-CJでは後から現在のパーツを追加しています。こういう部分の別パーツ化は、パテやサンドペーパーでの 整形が必要なので工作が面倒になります。出来れば一体化してほしいのですが…。

PICT1864 PICT1866

何故かこの時代のハセガワのキットは増加燃料タンクのパネルラインが凸モールドで、パイロンがやたらと太い凹モールドの場合が多い気がします。モールドは殆どやすりで削り取って彫りなおしています。

PICT1958 PICT1959

主脚周りは、現在の水準からも十分な出来だと思いますが、折角資料があるので追加工作しています。実機は配線や、機械がぎっしり詰まっていますのでそれっぽく半田線や、真鍮線、エポキシパテ、プラ材等で作りこんでいきます。

PICT1964 IMGP0202

エンジンノズルは7つに分割されており、組み立ては面倒なのですが、ノズル内部の塗装はしやすいです。内部はセラミック素材なので、つや消しの白です。更にエアブラシでそれっぽく煤けさせます。外側の塗り分けはマスキングして行っています。

PICT1965

機体は上下分割のため、機種横のモールドは殆んどありません。機首横のセンサーは真鍮線で作り、周りの菱形のモールドはプラバンでテンプレートを作り罫書針で掘り込んでいます。

PICT1966

ピトー管は工作中に良く折ってしまうので、真鍮線で作ります。この方がキットより出来も良くなるので、殆どの場合こうしています。

IMGP0022 IMGP0023

実機各翼後端には放電索が着いています。これは0.3mm真鍮線で再現します。ピンバイスで穴を開け、瞬間接着剤で接着していますが、強度は極めて弱いので、塗装中に何度も取れてしまいました。

IMGP0024 IMGP0025 IMGP0026

ミサイル類の噴射口はリュータで穴を開けています。実機では噴射口は側面ギリギリまで開いていますが壊さない程度に大きくします。パイロン類も、金具等を真鍮線で追加しています。過去にデジカメで撮影した資料は印刷して使用しています。

IMGP0063 IMGP0062

前脚、主脚はパイプを追加しています。半田線と銅線を使っています。

IMGP1019 IMGP1018 IMGP1125

パイロットを乗せてみました。シートもボンベ等、一部追加工作しています。キャノピーの取っ手は伸ばしランナーで作っています。ヘッドアップディスプレーは、現在の機体とは形が違うため、プラバンで全て作り直しています。

IMGP1040 IMGP1043 IMGP1045 IMGP1046 IMGP1049 IMGP1051 IMGP1052 IMGP1030 IMGP1128 IMGP1133 IMGP1135 PICT0003 PICT0004

20年前の思い出と共に再びF-16が、私の手元に戻ってきました。実機と同様にキットも改良されましたが、さすがに20年前の金型は、少々ガタが来てい るようで、パーツの歪みや、筋彫り等が浅くなってきている所が見受けられます。それでも実機同様、現在でも十分魅力的なキットだと思います。

結局、完成まで半年近くかかってしまいました。資料があると、色々追加したくなるものですが、実機の写真と比べると、まだ違うところが幾つか見受けられます。人気の機体だと思うので是非とも現在の技術で作られた新しい1/48F-16のキットが欲しい所です。


フジミ 1/72 F/A-18C STRIKE HONET “CHIPPY HO”

PICT1801

F/A-18ホーネットはアメリカ海軍、海兵隊で使用されている艦上戦闘攻撃機です。湾岸戦争、最近ではイラク戦争等でも使用されており、メディアで多く 見かけることの出来る機体でしょう。F/A-18は戦闘機(Fighter)でありながら同時に攻撃機(Attcker)でもあるため、F/Aという特別 な名称となりました。日本では米軍厚木基地でその姿を見ることが出来ます。現在は後継機であるF/A-18E、F/A-18Fスーパーホーネットが配備さ れ始めています。

PICT0717PICT0981PICT1452

1/72スケールのF/A-18はハセガワ、タミヤ(イタレリ)、フジミから発売されていますが本キットがもっともパーツが多いと思われます。その分細部 のディティールは詳細になっていますが、同時に多少組み辛いキットにもなっています。コックピットも非常に細かなモールドが施されています。惜しいのはフ ロントパネルと内壁の間に大きな隙間が開くところです。ここはプラ板で埋めることにしました。

PICT1464PICT1465

無駄に?パーツが分割されています。(^^;確かにF/A-18は他の現用機と比べてもかなり複雑な形状をしているのですが、なんとかならなかったので しょうか?エアインテークの内部もパーツ化されています。意欲を感じるキットなのですが、部品の合いはいまいちな為、パテで修正してます。(あまり見えな いとこなんですけどね)

PICT1466PICT1467PICT1469

とにかく元がバラバラなのでなかなか形になりません。(^^;補強のためにランナーをつっかえ棒にしています。エアインテーク周りは特に合いが悪いため、パテを盛りまくっています。

PICT1536PICT1537

翼はかなり薄いため、なるべく水平に接着するために、板に固定して放置します。飛行機の形になるまでずいぶん時間がかかりました。(たぶん3ヶ月くらい?(^^;)

PICT1773PICT1784

主脚は割りとあっさりしていますが、タイヤは自重によりへこんでいるところを再現してあります。(ちょっと大げさな表現のような気がしますが… (^^;)実機と比べると前照灯や、幾つかモールドが無いので、プラ材等で追加しています。細かいところですがはしごにもピンバイスで穴を開けてディ ティールを追加しています。

PICT1774PICT1776

垂直尾翼の黄色いラインはデーカールが付属していますが、こういった塗装しやすい部分はなるべく塗装するようにしています。組み立て説明書では垂直尾翼の緑はデイトナグリーン(66番)を指定していますが、すこし明るすぎる感じがするので青(5番)を少し混ぜています。

PICT1782PICT1786PICT1793

シートは良い感じです。シートベルトを鉛板で追加しています。HUD(ヘッドアップディスプレー)とキャノピーのバックミラーやハンドルはエッジングパー ツで構成されていてスケールを考えると非常に緻密感のある良い出来だと思います。HUDのガラス部分はキットのものは厚すぎると感じたので0.5mm厚の プラ板で作り直しています。

PICT1794PICT1795PICT1796

デカールは以前作ったハセガワの物の余りを使いました。ハセガワのキットもフジミのキットも同じ195戦闘攻撃飛行隊”ダムバスターズ”のものですが、塗 装の時期と機体番号が異なるため、微妙に違いがあります。現在のダムバスターズの塗装は、かなり異なるものになっています。ちなみにキットは1998年の 塗装です。武装はハセガワの別キット、エアクラフトウェポンIからMk.82を追加しました。

PICT1799PICT1797PICT1785PICT1800

エンジンノズルもキットのものはあっさりしているため、ハセガワの物を流用しました。

ハセガワのキットに比べると一部を除いてフジミのキットのほうがディティール等は良い感じがします。しかしパーツの合いはあまり良くないため、工作はかな り面倒です。それでもこのスケールでエッジングパーツを使用したりと非常に意欲的なキットであり、苦労する分の価値のあるキットだと思います。


ハセガワ 1/72 AH-1S コブラ チョッパー “陸上自衛隊”

PICT0641

AH-1Sコブラは米国ベル社製の対地攻撃用ヘリコプターです。富士重工でライセンス生産され、陸上自衛隊に配備されました。今から20年ほど前、北海道 帯広第5師団にAH-1Sが配備され、当時高校生だった私は、学校の窓からよく飛来するAH-1Sを見ることが出来ました。

PICT0531PICT0529PICT0589

ヘリコプターのキットを作るのは、出戻り以前に作ったハセガワの1/72AH-64A アパッチ以来、2つ目で、やはり以前に作ったのは20年ほど前になります(^^; 私が飛行機を作るときは、コックピットを見せるため、可能な限りキャノ ピーを開けるのですが、本キットは開状態に出来ません。しかしパイロットが2体付いているため、今回はパイロットを乗せてみました。(それにしても最近の キットはパイロットが付いているのが殆ど無いので寂しいですね。パイロットは重要なアクセサリだと思うのですが…。)

PICT0595PICT0599

1/72のパイロットはさすがに小さいので塗りわけは神経を使いました。陰になる部分は暗めの色を塗って立体感を強調しています。

コックピットの指定色は殆ど全部つや消し黒です。このままだと単調になりそうなので、表現として陰影を強調するためにつや消し白でドライブラシを行っています。

PICT0617PICT0618

翼(?)は胴体との合いがあまり良くないので、普段なら隙間に溶きパテを流すところですが、接着してしまうと迷彩塗装のマスキングが困難になると考え、エ ポキシパテをあらかじめ隙間に埋めて取り付けたのち、硬化する前に取り外し、はみ出た部分を整形した状態で、塗装を開始することにしました。

PICT0631PICT0632PICT0633

明るい色から順に明細塗装を行います。実機の写真からも色の境界にぼかしは無く、くっきりとしているため、マスキングテープはぴったりと貼り付けています。パターンが複雑なため、面倒なのですが、機体は殆ど平面なのでマスキングテープが張りづらいことはありません。

PICT0639PICT0640PICT0643

最初は戦車のような汚しを行おうかと考えていましたが、実機を見る限り、あまり汚れてはいないようです。まあ、地面の上を走るわけではないので当然といえば当然なのですが…(^^;

汚しは殆ど行っていないのですが、少し濃い目に墨入れを行っています。


1 2 3 4