戦車 一覧

フジミ 1/76 陸上自衛隊61式戦車

IMGP3446

61式戦車は戦後初めの国産戦車です。陸上自衛隊では1961年の採用から2000年まで使用されていました。

このサイトで模型工作の記事はかなり久しぶりです。本作例は2006年に完成したものなので既に9年前なのですが、他にも未紹介の作例があるので、徐々に紹介していきたいと思います。

 IMGP3060MINOLTA DIGITAL CAMERA

とりあえず、塗装のしやすさを考えて、ある程度のブロック毎に接着していきます。この辺りは適当です。

MINOLTA DIGITAL CAMERAMINOLTA DIGITAL CAMERAMINOLTA DIGITAL CAMERA

塗装も、以前に作成した74式90式と同様に、影になる部分を黒で、光が当たりそうな場所をオレンジで予め下地塗装します。

その上にカーキグリーンを塗り重ねていきます。下地塗装は陰影のデフォルメとしての効果を狙っていますが写真ではあまり効果がわからないですね。

MINOLTA DIGITAL CAMERAMINOLTA DIGITAL CAMERA

当時、発売されたばかりのタミヤ、ウェザリングマスターを使って汚し塗装をしてみました。エンジン周りのススを表現してみます。

MINOLTA DIGITAL CAMERAIMGP3451IMGP3450

ディテールを強調するために、ダークグリーンで墨入れをしています。仕上げは水性フラットクリアで艶を整えています。

アンテナは真鍮線で作りなおしています。

IMGP3458

90式、74式と並べてみました。車体は時代とともに大型化して来ていますが、車高は低くなってきていることがわかります。

現在の最新は10式ですが、いずれ作ってみようと思います。


フジミ 1/76 陸上自衛隊74式戦車

IMG_2260

74式戦車は陸上自衛隊では第一世代の61式に続く、第二世代の国産戦車です。(90式が第三世代となります。)74式の74とは西暦1974年に正式採用されたため、その名が命名されています。つまり90式は西暦1990年に正式採用されたということです。
74式は90式の登場で一部退役が進んでいますが、90式が高価なため調達があまり進まず、当分は主力戦車として活躍する予定です。

IMG_2243IMG_2242

1/76スケールの戦車の作成は90式以来2度目です。思えば小学生のころタミヤ1/35スケールの74式を作ったことがあります。リモコンで動かせるキットでした。と、言うことは74式の作成は20数年ぶり?なわけです。

IMG_2249IMG_2250

まずは組み立ててサーフェーサを吹きました。正直、何の工夫もありません。(^^;
アンテナは0.3mm真鍮線で造っています。実車のアンテナは後ろ斜め方向に傾けていることが多いようです。

IMG_2254

で、いきなり黒です。74式は濃松葉色単色塗装なので、雑誌などから得た知識を生かして?立体感を強調した塗装にチャレンジしてみました。黒は陰になる部分に塗ります。

IMG_2255

次はオレンジです。オレンジは比較的光の当たる(であろうと思われる)部分に塗ります。これら黒やオレンジを下地として微妙な光による陰影を表現しようとする試みです。

IMG_2256

その後、実際の色である濃松葉色(Mr.カラー320番)を塗りました。下地の効果が消えないように厚塗りにならないように気をつけます。写真では微妙な色の変化があまりわかりませんが、本人は結構良い感じで満足しております。(^^;

IMG_2257

今回初めてパステルによる汚しに挑戦してみました。黄土色や茶色、黒、灰色等、いくつかの色画材屋さんで購入しました。金ヤスリで粉末にし、タミヤカラー エナメル溶剤でといて筆で塗り付けました。思ったより簡単にリアルな泥汚れや、煤汚れが表現できました。これは飛行機模型にも使えそうです。
パステルを粉末にするには茶漉しを使うのが簡単で良いみたいです。早速100円ショップで買ってきました。(^^;

IMG_2261IMG_2268

74式戦車は配備から30年近く経過しており、90式に比べると既に旧式ですが、今見ても古さを感じさせないかっこよさが有ると思います。

IMG_2259

このキットも90式同様作りやすい良いキットだと思います。ただし、キャタピラの長さが若干足りなくなってしまい、接着に苦労しました。車輪の位置は接着 時に調整できるようになっているので、仮組みをちゃんと行っておけば、私のようにキャタピラの長さで苦労することは無いでしょう。(^^;


フジミ 1/76 陸上自衛隊90式戦車

IMG_1364今まで航空自衛隊機を中心に作成していましたが、AFVにもチャレンジしてみました。思えば戦車のプロモデルを作るのは小学生の時に作ったタミヤ1/35 ドイツ軍4号戦車J型(?だったと思う、H型かも?)以来、二十数年ぶりです。今まで中心に作ってきた1/72スケールとほぼ同等のスケールなので作って 並べてみたいと言うのが、製作の動機でもあります。

90式戦車は陸上自衛隊の最新式戦車です。配備開始から既に10年以上が経過していますが、電子化の進んだ各種照準機、世界でもまだ採用例の少ない自動装填装置を搭載した120mm滑腔砲、複合装甲等、世界でも一級の性能を持つと言われています。

IMG_1355IMG_1354

当然ながら航空機とはまったく異なるわけで、正直どう作って良いか分かりません(^^;。キャタピラもタミヤのキットなどのようにやわらかい素材ではないので、塗装と接着の手順で悩みそうです。

IMG_1361

とりあえず接着してサーフェーサを吹きました。継ぎ目の処理は航空機より楽かも知れません。

IMG_1362

何も考えずに迷彩塗装をエアブラシで直接書き込みました。実車両の迷彩はあまりぼかしは入っていないのが正解のようです。

IMG_1363

作成中に機銃の銃身を折ってしまいました。仕方がないので0.5mの真鋳線で作り直しました。銃身は丈夫になった上、シャープになりました。(^^;

IMG_1368IMG_1372

タミヤカラーのフラットブラックで墨入れをしてから、タンやデザートイエローで、キャタピラ周りを汚してみました。戦車の塗装、汚しはまだ研究が足りないようです。

IMG_2210

1/72のF-15と並べてみると、戦車はかなり小さく見えます。それでも90式戦車は50tもの重量があり、F-15の13tよりはるかに重いのです。