タミヤ 1/72 メッサーシュミットBf109E-4/7 TROP

IMG_2193

メッサーシュミットBf109は第2次大戦のドイツ空軍主力戦闘機です。第2次大戦で零戦が日本を代表する戦闘機であるように、Bf109はまさにドイツを代表する戦闘機でしょう。Bf109も多くの型が有り、A型から最終型のK型まで33000機が生産されました。

ハセガワのキットをメインに作っていた私にとって、このキットは衝撃的でした。細部のディティールの繊細さや質感、殆ど修正が必要ないほどぴったり合う パーツ、組み立てやすさ等、さすが世界のタミヤであると、改めてタミヤというメーカーの素晴らしさを再認識しました。(とはいっても決してハセガワの製品 が劣っているわけではありません。このキット自身2年ほど前に発売された、比較的新しい物と言うこともあるでしょう。)もともと、ミツワの1/144キッ トの資料のつもりで買ったのですが、これは思わぬ収穫でした。

IMG_2152IMG_2157IMG_2158

透明パーツを除くと、なんとランナー1つで全パーツが構成されています。
コクピットの出来は素晴らしいです。1/48スケールに匹敵するディティールです。墨入れとドライブラシで立体感を強調しました。

IMG_2169IMG_2170

機首の黄色は予め白を下塗りし、発色を良くします。
尾翼前の白帯はデカールが付いていますが今回は塗装しました。これも予め塗装しておき、マスキング後に迷彩部分を塗装します。

IMG_2182IMG_2186

主翼の迷彩はマスキングで塗り分けます。主翼を塗装後、機体の斑点迷彩を極細のエアブラシで書き込みました。細噴きする場合は塗料は薄めが良いでしょう。

IMG_2187IMG_2188

パネルラインは少し白や黒を混ぜた色で褪色を表現しました。汚れに関しては資料が無く、あくまで想像で雰囲気を出してみました。

IMG_2196IMG_2197

機銃周りや、主脚格納庫周りも適当に煤けさせます。あくまで想像です。(^^;
零戦21型も比較的小型の戦闘機ですがBf109もかなりスマートで小型です。

IMG_2194IMG_2195IMG_2198

このキットはとにかくパーツの合いが良い為、工作は非常に楽でした。複雑なパターンの迷彩塗装であるにもかかわらず工作は1ヶ月ほどで完成しました。ちなみに写真の後ろはDORAGON社製の1/72タイガー1型ラジコン戦車です。

このキットはタミヤの製品であるため塗装は全てタミヤカラー指定ですが、今回はクレオスのMr.カラーで塗装しています。カラーの対応は、これから作る方の為の参考に記載しておきます。

タミヤカラー Mr.カラー
X-18(セミグロスブラック) 92(セミグロスブラック)
XF-22:1+XF49:1 60(RLM02グレー)
XF-63(ジャーマングレー) 40(ジャーマングレー)
AS-3(グレイグリーン) 36(RLM74グレーグリーン)
AS-4(グレイバイオレッド) 37(RLM74グレーバイオレッド)
AS-5(ライトブルー) 117(RLM76ライトブルー)
XF-3:10+X-6:1+XF-2:1 113(RLM04イエロー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です