フジミ 1/72 F/A-18C STRIKE HONET “CHIPPY HO”

PICT1801

F/A-18ホーネットはアメリカ海軍、海兵隊で使用されている艦上戦闘攻撃機です。湾岸戦争、最近ではイラク戦争等でも使用されており、メディアで多く 見かけることの出来る機体でしょう。F/A-18は戦闘機(Fighter)でありながら同時に攻撃機(Attcker)でもあるため、F/Aという特別 な名称となりました。日本では米軍厚木基地でその姿を見ることが出来ます。現在は後継機であるF/A-18E、F/A-18Fスーパーホーネットが配備さ れ始めています。

PICT0717PICT0981PICT1452

1/72スケールのF/A-18はハセガワ、タミヤ(イタレリ)、フジミから発売されていますが本キットがもっともパーツが多いと思われます。その分細部 のディティールは詳細になっていますが、同時に多少組み辛いキットにもなっています。コックピットも非常に細かなモールドが施されています。惜しいのはフ ロントパネルと内壁の間に大きな隙間が開くところです。ここはプラ板で埋めることにしました。

PICT1464PICT1465

無駄に?パーツが分割されています。(^^;確かにF/A-18は他の現用機と比べてもかなり複雑な形状をしているのですが、なんとかならなかったので しょうか?エアインテークの内部もパーツ化されています。意欲を感じるキットなのですが、部品の合いはいまいちな為、パテで修正してます。(あまり見えな いとこなんですけどね)

PICT1466PICT1467PICT1469

とにかく元がバラバラなのでなかなか形になりません。(^^;補強のためにランナーをつっかえ棒にしています。エアインテーク周りは特に合いが悪いため、パテを盛りまくっています。

PICT1536PICT1537

翼はかなり薄いため、なるべく水平に接着するために、板に固定して放置します。飛行機の形になるまでずいぶん時間がかかりました。(たぶん3ヶ月くらい?(^^;)

PICT1773PICT1784

主脚は割りとあっさりしていますが、タイヤは自重によりへこんでいるところを再現してあります。(ちょっと大げさな表現のような気がしますが… (^^;)実機と比べると前照灯や、幾つかモールドが無いので、プラ材等で追加しています。細かいところですがはしごにもピンバイスで穴を開けてディ ティールを追加しています。

PICT1774PICT1776

垂直尾翼の黄色いラインはデーカールが付属していますが、こういった塗装しやすい部分はなるべく塗装するようにしています。組み立て説明書では垂直尾翼の緑はデイトナグリーン(66番)を指定していますが、すこし明るすぎる感じがするので青(5番)を少し混ぜています。

PICT1782PICT1786PICT1793

シートは良い感じです。シートベルトを鉛板で追加しています。HUD(ヘッドアップディスプレー)とキャノピーのバックミラーやハンドルはエッジングパー ツで構成されていてスケールを考えると非常に緻密感のある良い出来だと思います。HUDのガラス部分はキットのものは厚すぎると感じたので0.5mm厚の プラ板で作り直しています。

PICT1794PICT1795PICT1796

デカールは以前作ったハセガワの物の余りを使いました。ハセガワのキットもフジミのキットも同じ195戦闘攻撃飛行隊”ダムバスターズ”のものですが、塗 装の時期と機体番号が異なるため、微妙に違いがあります。現在のダムバスターズの塗装は、かなり異なるものになっています。ちなみにキットは1998年の 塗装です。武装はハセガワの別キット、エアクラフトウェポンIからMk.82を追加しました。

PICT1799PICT1797PICT1785PICT1800

エンジンノズルもキットのものはあっさりしているため、ハセガワの物を流用しました。

ハセガワのキットに比べると一部を除いてフジミのキットのほうがディティール等は良い感じがします。しかしパーツの合いはあまり良くないため、工作はかな り面倒です。それでもこのスケールでエッジングパーツを使用したりと非常に意欲的なキットであり、苦労する分の価値のあるキットだと思います。


ハセガワ 1/72 中島 キ43 一式戦闘機 隼 II型

PICT1453

太平洋戦争で活躍した日本を代表する戦闘機として、三菱零式艦上戦闘機が海軍戦闘機として有名ですが、中島一式戦闘機は陸軍戦闘機としてもっとも有名な戦 闘機でしょう。(当時の日本には空軍は無く、航空兵力は海軍航空隊と陸軍航空隊という形で存在していました。)隼は零戦と同じく、太平洋戦争の全期間を通 じて活躍しており、総生産数も5750機と零戦に次ぐ2番目の記録を持ちます。

PICT0637PICT0636PICT0646

本キットの金型は結構古いものらしく、パネルラインは凸モールドとなっています。やはり、墨入れを行いたいので、全て彫りなおすことにしました。以前に作成した三菱F-1に比べれば、作業は楽でしたが、何故か素材が他のハセガワキットに比べ柔らかく、少し深く掘りすぎてしまいました。

PICT0679PICT0680PICT0676

コックピットは、非常に簡素ですが、キャノピーで塞ぐと中が殆ど見えないため、全く手を加えていません。実際、隼のコックピットは小さく、非常に窮屈そうに感じます。

PICT0713PICT0716PICT0715

とりあえず、全面をエアブラシでシルバー塗装しました。迷彩塗装をこの上から行うのですが、このスケールの機体をエアブラシで迷彩塗装を効率よく行うのは 難しいと考え、筆塗りで迷彩パターンを書き込むことにしました。面倒ではありますが、筆塗りも結構楽しい作業です。パターンは説明図だけを頼りにしている のですが、かなりいい加減です。(^^;

PICT0718PICT0719PICT0720PICT1455

迷彩塗装をほぼ終えた時、かなり痛いミスを見つけてしまいました。左主翼にあるはずの前照灯のモールドが何故か右にあります。筋 彫りを彫るときに間違えたようです。既に塗装後のため、修正するか悩むところです。ただ、筋彫りを彫るだけの修正ではつまらない?ので、クリアパーツを埋 めてみました。前照灯は、キャノピーのランナーから削り出し、ライトの部分を裏から、ピンバイスでそれらしく穴を開けたものを埋めてみました。塗装後の作 業のため、周りを傷つけないようにマスキングして作業しました。

PICT0980PICT0982

垂直尾翼の黄色い部分はデカールが付属しているのですが、扇のマークを除いて、塗装しました。結局デカールは日の丸と扇のマークしか使っていません。しかし、デカールの日の丸は墨入れがいまいち均一にならない為、塗装にすべきだったかもしれません。

PICT1451PICT1456PICT1457

ピトー管は真鍮線で作り直しています。アンテナ線は伸ばしランナーです。全体の墨入れはダークグレーで行いました。排気周りの汚れは適当にブラシで書き込んでみましたが、実機の写真ではあまり汚れていないように感じます。まあ、そこは雰囲気ということで…(^^;

PICT1458PICT1459PICT1461PICT1462

迷彩塗装は筆で塗ったため、やはり筆のタッチが出てしまっていたのですが、いつもの最後の仕上げの水性フラットクリアによる、艶の均一化を行ったところ、比較的筆のタッチが消えて、良い感じに仕上がりました。


スイート 1/144 FM-2 ワイルドキャット(ネコの飛行甲板)

PICT0701

米国グラマン社製FM-2ワイルドキャットは太平洋戦争前半に活躍した、艦上戦闘機です。太平洋戦争の緒戦は零戦に苦戦しましたが「グラマン鉄工所」と称されるように頑丈で生産性に優れた機体のため、約4000機が生産されました。

本キットは以前から発売されていたFM-2に空母甲板とネコのデッキクルーを追加したキットです。パッケージ、デッキクルーの猫たちのデザインはモデルグ ラフィックス誌でもおなじみの藤田幸久氏です。氏は、私の世代では懐かしい、80年代の田宮模型のキャラクター「プラモのモ子ちゃん」の作者でもありま す。

PICT0615PICT0644

1/144スケールということもあって、組み立てはあっという間に終わります。サーフェーサを吹くと本キットの素晴らしいディテールがくっきりと浮かび上がります。以前に作成したホーカーハリケーンMk.1と同様、同社のこだわりは素晴らしいです。

PICT0650PICT0677

機体は3色で、ぼかして塗り分けられています。はじめはスケールも小さいことから、ぼかし無しでマスキングで塗り分けてみたのですが、やはり色の境目が くっきりしていると、非常に違和感を感じるため、エアブラシの極細吹きで塗り分けることにしました。なるべくぼかしを細くするためにエアーの圧力を調整す るクレオス社の「Mr.ミスターエアレギュレータIII(圧力計付)」を導入しました。圧力を下げることによって非常に細い線を書けるようになりました。

PICT0683PICT0685PICT0687

キットにはカサンブラ級護衛空母の前部エレベータ部飛行甲板が付いてきます。これも非常に緻密なディテールが施されています。資料が無いため、色は適当な のですが、エレベータや甲板接合部は色を塗り分けてみました。さらに田宮カラーでフラットブラック、グレー、ブラウン等で適当に墨入れ、ウォッシングを施 してみました。

PICT0689PICT0691PICT0692PICT0711

猫たちの可愛らしいデッキクルーが8匹(+1?)が付いてきます。これまた、非常によく出来ています。また、すごく小さいので塗装は結構しんどい作業でした。猫たちの目は付属デカールを貼っています。

PICT0695PICT0701PICT0707

機体は、極細のエアブラシで汚れや退色を表現しました。リアルな飛行機とかわいいキャラクタのアンバランスさが良い感じです。ケースは、別に購入したものを使っています。最近の食玩ブームで、ちょうど良いケースが入手しやすいのは非常に喜ばしいことです。


1 2 3 4 5 6 10